今ではお札もプリンターで刷る時代

今の時代では当たり前のことなのでしょうけれど、しかしなんとなくですが、神社やお寺に関するものをプリンターで印刷するのはなんとなくですが、やっぱり抵抗はあるのですよね。

たとえば、お守りの中身ですとか、お札などに関しても、今のこの時代はコピーだったりするのです。もともとのお札は習字で書かれているものなのですが、しかし大量につくる場合ですと、やはりプリンターの力は借りていますね。

プリンターが複合機の場合は、スキャナ機能を利用してスキャンして、そしてプリンターで大量に印刷をするということは、まあ当たり前のように行われていますからね。手間暇およびコストを削減するために有効です。

それにお札などには「目に見えない霊的な力」が宿るとされていますので、たとえそれがプリンターで出したコピーであっても御霊が宿ればいいわけですからーという考えは違うでしょうか。キャノンのインクで刷られたお札もご利益はあるのでしょうから。

たとえば、キャノンやエプソンといったような写真印刷に特化しているプリンターとなりますと、元版そのままにプリントできてしまいますから、プリントに頼りたくなる気持ちもわかります。今の時代は家庭用プリンターにしても原版をそっくりそのままプリントすることができますので、このような手間暇省く方法も可能となったわけなのですね。