年賀状印刷は背面給紙でキヤノンに決まり

前回年賀状を印刷するなら背面給紙が出来るキヤノンのプリンタと力説しました。ここれインクジェットプリンタに詳しい方なら「あれっ」と思われたのではないでしょうか。「背面給紙なんて今更新しくもなんともないじゃないの?」その通りなのです。むしろ背面給紙はインクジェットプリンタが出始めた時の給紙
方法なのです。それが時代と共に前面給紙トレイに変わっていきました。前面給紙の方が技術的には難しいのです。それはそうですよね。紙がカーブしていくのですから。紙詰まりもしやすくなりますよね。でも、よりコンパクトによりスタイリッシュにということで狭い住宅の日本の家庭でも場所を取らないで置ける形へと変化していったのです。でもそのために、出来ないことが出てきました。それは名刺カードを印刷することです。どんなに前面給紙トレイの技術が発展してきてもあの小さいカードを送りながら印刷するのは難しいですよね。頻繁に紙が詰まりそう!でも背面給紙は紙がスムーズに動くように斜めに角度をつけた分奥行も取っていました。それらを解決しコンパクトだけど背面ありがキヤノンのプリンタというわけです。プリンター インクキヤノンなら自分で補充する詰め替えインクもあるのでコスト削減も可能。